「idecoやらないと損だよ」はウソ⁉知っておきたい悲しい現実と事実

お役立ち記事
スポンサーリンク
この記事が解決する疑問・悩み

iDeCoが「お得」「やらないと損」て聞いた

確かに控除あって節税できるらしい

  • でもホントにそうなの?
  • デメリットは?問題ないの?
  • 結局、誰もがやるべき制度なの?

こんな疑問、この記事で解決します。

iDeCo – 個人型確定拠出年金。

公的年金にプラスして、20歳-65歳が任意加入できる年金制度です。

国が推進するだけあってこのiDeCo、様々な優遇措置があります。

そのためよく言われるのが

iDeCoは税金面で得するから

iDeCoをやらないなんてもったいない

といったSNSやWebでの評判はよく目にします。

確かに優遇措置はあるのでしょうが、デメリットはないのでしょうか?

そのデメリットを考えても、iDeCoをやるべきなのでしょうか?

といった疑問を持つ、慎重派な人もいるでしょう。

先に結論を言えばこのiDeCo、

すべての人がやる必要はないです

デメリットの方が大きい人、少なくないです

何も考えずiDeCoを始めてしまうと、後悔する人がいます

いったいなぜ?

本記事ではそんなiDeCoの

  • メリット・デメリットすべて
  • 致命的なデメリット
  • iDeCoを始める前に見極めるべきポイント

について徹底解説します。

iDeCoをやるかどうか迷うなら、まずこの記事を読んでから。

投じたお金は60歳まで引き出せませんので、あとから後悔しなくて済みますよ。

スポンサーリンク

idecoのいったい何が得なのか

idecoは3つの「得」が存在します。

確認すれば、それが決して小さいものないことがわかるはず。

idecoの得① 払う税金が減らせる!

iDecoの掛金は「所得控除」の対象に。

掛金とあなたの所得レベルに応じて、支払う税金が減ります。

idecoの掛け金を毎月23,000円としたとき、税金の軽減額は下記のようになります。

額面年収住民税・所得税の
節税額目安(年間)
30年iDeCo運用時の
合計節税金額
400万円41,400円124.2万円
500万円55,200円165.6万円
600万円55,200円165.6万円
700万円82,800円248.4万円
800万円82,800円248.4万円
900万円82,800円248.4万円
1000万円82,800円248.4万円
1100万円83,913円251.7万円
1200万円91,080円273.2万円
住民税・所得税の節税額目安(年間)
扶養なし、掛け金23,000円/月

iDecoの掛金はあなたの手元からいったん離れます。

しかし、その掛け金の一部は税金の軽減という形で、一部戻ってくるということ。

年間4~9万円支払う税金が減り、30年続ければ100万~270万円にもなります。

これがiDeCo「やらないと損」と言われる点の1つ。

掛け金上限(月)最大年間掛け金
自営業者・無職68,000円816,000円
公務員12,000円144,000円
企業年金制度無の会社員23,000円276,000円
専業主婦23,000円276,000円
iDeCo掛け金の上限
idecoの得② 運用利益への課税なし!

普通の投資(株・投資信託)では、投資で儲けた分に税金が課されます。その額なんと

利益の20%

です。購入額-売却額で+100万円利益がでたら、あなたが受け取れるのは80万円。

20万円は税金として持っていかれます。

これが普通の投資ですが、idecoはこの利益に対する課税がゼロ。

つまり100万円儲けたら、100万円そのまま受け取れるということ。

本来20万円税金だったはずなのですから、そのお得さはかなりのものです。

スポンサーリンク
idecoの得③ 受け取り時も税控除あり!

日本にいる限り、お金・収入を得る際には税金がかかります。

idecoも同じく、60歳以降の受け取り時は「所得」としてカウントされ課税されるのです。

しかし、idecoは受け取り時の控除が受けられ、結果的に課税額を低くすることができます。

一括まとめて受け取る
退職所得控除

分割で年金として受け取る
公的年金控除

収入によって控除額変わるため、人によって受けられる恩恵は異なります。

一概に言えませんが、節税効果があるのは確か。

idecoの得④ idecoに投じた資金が保全される

idecoの隠れたメリット、それは

idecoのお金は他者に差し押さえられない

という点です。

離婚時における財産分与でのiDeCo

特に既婚者が離婚するケース。

婚姻期間中に蓄えた資産は夫婦共同のもの。

そのため離婚する際に財産分与、つまり資産の分割が発生するわけです。

なんとiDeCoは財産分与の対象外。

あなた名義のiDeCoのお金が分割されて、パートナーに支払われる可能性は低い※です。

※iDeCoに対する財産分与の考え方について

iDeCoが比較新しい制度のため、実は財産分与に対する考え方が確立していません。

裁判等で判例が十分になく、グレーゾーンが多いのです。

そのためここでは「可能性が低い」と表現しています。

今後判例数の増加に伴い、離婚時のiDeCoがどうなるかもはっきりしていくでしょう。

自己破産時のiDeCo

あまり遭遇したくはないケースですが、ここにもiDeCoのメリットが。

自己破産時、iDeCoは差し押さえされません。

iDeCoの資産はそのままあなたの手元に残ります。

これは確定拠出年金法という法律によって決まっており、法で保護されているのです。

隠れた、しかし確かなiDeCoのメリットですが、その恩恵に預かりたくはないですね。

スポンサーリンク

idecoのデメリット

iDeCoのここが×① 60歳まで引き出せない

iDeCoは年金です。

年金=老後のためのお金を用意しておきましょう

という国の制度のため、iDeCoはいつでもお金を引き出せるような仕組みになっていません。

iDeCoのお金を自由に使えるのは原則「60歳」になってからです。

毎月2万円iDeCoに投資するということは、毎月使えるお金が2万円減るということ。

このような資金拘束がiDeCoのデメリットです。

iDeCoのここが×② 手数料がかかる

iDeCoをやるなら、一定の手数料が発生します。

iDeCo手数料の相場

加入の手数料(初回のみ)
⇒ 2,829円(一律)

運用している間かかる費用(毎月)
⇒ 171円~611円(金融機関で異なる)

給付手数料(受け取り時)
⇒ 440円(一律)

運用費用の安い金融機関を選べば、月171円=年2,052円でiDeCoが運用できます。

大きな金額ではないですが、デメリットと言えばデメリット。

iDeCoのここが×③ 元本保証型でなければ損するリスク

iDeCoでは様々な金融商品が選べます。

さまざまな分類の仕方が考えられますが、最もシンプルなのは

iDeCo商品の種類

元本確保型商品

主に定期預金、保険。その名のとおり投じたお金=元本が保証されている。

損するリスクはないが、リターンも少ない。

投資信託

資金を値動きのある株式や、債券等で運用するのが投資信託。

値動きがあるため、元本は保証されておらず「損」する可能性はある。

その分リターンも大きい。

多くの人は②投資信託をからめて運用するでしょう。

そのため損するリスクは確実に存在します。

とはいえiDeCoは60歳まで、30歳代から始めても数十年の運用期間があります。

途中に大暴落が起きたとしても、最終に受け取る時は利益が出ている可能性が高いです。

超長期運用 × 投資信託

はリスクをおさえつつ、まとまったリターンが期待できる資産運用方法であるのは間違いありません。

20年3月、新型コロナで-27%もの暴落をするも1年後には回復
スポンサーリンク

よーく考えるべきidecoのデメリット

iDeCoのメリット。

税控除が受けられて有利に運用できる

長期間投資で不意の暴落にも耐性もある

総じてまとまったリターンが期待できる

これが一般に言われる「iDeCoをやるべき理由」。

一方のデメリットも確認しました。

デメリットがメリットを上回るのか。

この結論があれば、あなたも迷うことなくiDeCoを始めることができるでしょう。

そこで

iDeCoのメリットはデメリットを上回るものなのか?

という点を考えましょう。

特に着目すべきデメリットは

60歳まで引き出せない

です。

人によっては、このデメリットが見過ごせないものなのです。

60歳まで引き出せないと何が起こる?

60歳まで、ひたすらお金を投資する。

増えたかもしれないiDeCoを引き出し

自由に使えるのは60歳になってから

どんな可能性が考えられるでしょうか。

誰にでも起こりうる仮定の話

ここで仮定のお話をします。

60歳になる前にあなたの寿命がきたら?

あなたは投資に費やしたお金を使うことなく、この世を去ることになります。

60歳でiDeCoを全額受け取ったけれど、5年後の65歳であなたの寿命がきてしまったら?

まとまったお金を手にしたけれど、使えたのはたった5年分。

60歳でiDeCoを受け取ったけれど、60歳頃には病気がちで体調を崩しやすく、活発に活動できなかったら?

お金はあるけれど使い道がない。若いうちに使った方がよかったと後悔。

こんな可能性がすべての人にあり得るんです。

これこそiDeCoをやる上で考えたい点。

60歳でまとまったお金が受け取れるが、そのお金を有意義に使えるか?後悔しないか?

これを個人個人が見極めねばなりません。

スポンサーリンク

ideco始める前に考えたい「問い」

見極めるため、ここに「問い」を用意しました。

この問いについて考えれば、あなたなりの結論が導きだせるはずです。

あなたはiDeCoを使い切れるのか?

独身男性には残酷なのですが、データでハッキリしていること。

独身男性の平均寿命は67-68歳

です。

これは国による統計で明らかな「事実」。

男性数人に1人は60代で亡くなるということ。

厚生労働省の人口動態調査(2020)によれば、

  • 未婚男性の死亡ピーク年齢(中央値)が含まれる年齢階級は65-69歳
  • 計算すると中央値は67.2歳
  • 配偶者あり男性の中央値は81.6歳

その差14歳と明らかに差があります。

寿命から考えるiDeCo

これを考えると、iDeCoはどうでしょうか。

まとまったお金を手にしても、使える期間は10年満たないかもしれません。

iDeCoで増えたお金

十分に使い切ることなく

お金を残したままこの世を去る

そうなる可能性があっても、iDeCoをやりますか?

あなたは誰にidecoを残したい?

万一、iDeCo受け取り前に亡くなるとしたら。

iDeCoはあなたの家族や配偶者に相続されます。

あなたのiDeCo、誰に相続してもらいたいですか?

配偶者や子供のためのiDeCO

あなたがiDeCoを残したいと思う人が

  • 配偶者
  • 子供
  • 血を分けた兄弟

の場合。

iDeCoがムダになることはありません。

iDeCoの資産は相続され、残された家族が有意義に使ってくれるはず。

あなたが使えないとしても、iDeCoをやる価値があると言えるでしょう。

18歳-34歳の未婚の男女(7826人)のうち「一生結婚するつもりはない」と答えた人の割合

  • 男性で17.3%
  • 女性で14.6%

男女共に過去最高。

生涯を共にするパートナーがいない、これも普通になりつつあります。

iDeCoに限らず、自らの死後における資産の行方は考えておくべき点なのです。

出典:国立社会保障・人口問題研究所

親へのiDeCo相続は非現実的である

万一あなたが早くに亡くなった時、

配偶者や子供はいない

しかし育ての両親がいる

自分がiDeCoを使えないとしても

両親に使ってもらえればそれでいい

とお考えでしょうか。

非常に理解できますし、すばらしい考え方です。

しかし残念ながら、現実的ではありません

あなたが50歳前後のとき、ご両親はご存命でも80歳前後。

それほど多くの金額を必要としない年齢です。

ご両親がご存命かどうかも、未知数です。

いくら渡したくても、相手がいないのではどうしようもありません。

相続する人がいないとどうなる?

iDeCoの加入者が60歳前に亡くなったら、遺族がiDeCoの資産を相続することになります。

  • 配偶者
  • 父母
  • 祖父母
  • 兄弟姉妹

でももし、上記相続できる人がいなかったら?

iDeCo相続の手続きが5年行われなかったら?

iDeCoの資産は国ものに

それでいいという方もいるでしょう。

個個人の考え方によります。

あなたが築き上げたiDeCoの資産、どう扱われたいのか?

後悔のないよう見定めるべきです。

誰のためのiDeCoか

ここで考えたいのはあなたに「万一」が早々に訪れたとき。

  • 自分でiDeCoを使えないとしても後悔はありませんか?
  • iDeCoの資産を渡したいと思う人達がいますか?
  • その人達が存命である可能性は高いですか?

を考えること。

あなたはどのように考えますか?

  • 自分で使えないのは納得がいかない
  • 資産を渡したいと思う人がいない
  • 資産を渡したい人がいなくなっているかもしれない

自分の中での価値を見極めましょう。

お得な面だけ見てiDeCoをやるべきじゃない。

60歳まで引き出せないiDeCo。

このデメリットがメリットを上回るか。

もしデメリットが勝つなら、iDeCoはあなた向きでない可能性があります。

スポンサーリンク

お金の価値は年齢で変わる

iDeCoを始めると、毎月お金が引き落とされることになります。

毎月25万円収入があるとき、iDeCoをやると使えるのは残り22.7万円。

年間だと23,000円×12ヵ月=276,000円

これがiDeCoに投じられることになります。

残ったお金で生活することはできるでしょう。

しかし「お金を使わずiDeCoへ」は正しい選択なのでしょうか。

「iDeCoで老後に備える」姿勢はすばらしいが…

「若い内からiDeCoで老後に備える」

確かにすばらしい姿勢だと思います。

使えるお金が限られている中、iDeCoにも拠出するのは楽じゃない。

それでも老後に困らないよう、若い内からがんばる

その考え方は立派なものです。

その一方で考えるべきことがあります。

若いときにだけできる経験があること

若いときにだけ可能なお金の使い道があること

iDeCoをやることで、もし若いうちに使えるお金が減ってしまうのなら。

老後のためのiDeCoをムリにやる必要はないと、ここでは断言してしまいましょう。

20代-30代の27万円

毎年27万円。

  • 1週間の海外旅行に
  • 専門学校や、オンラインスクール等でスキルを身に付ける
  • 車やバイクを買って旅するための資金に
  • 高価な楽器や自転車へ

若い時にだけ、お金を使って買える経験・体験があります。

老後のiDeCoのために使えるお金が減る

その分体験や経験が減る

そう考えるとどうでしょうか。

貯金や資産が十分で、完全に余剰資金でiDeCoをやれるなら問題はありません。

しかしもし毎月の収支が±0で、貯金や資金も余裕がないのなら。

老後のため!と気張ってiDeCoをやるのは得策ではないと言えます。

資産運用したいなら、いつでも現金化できるNISAや、普通の投資をやればいいのです。

また年金もあるから、iDeCoが無くても老後への備えはゼロじゃない。

60歳以降まで引き出せないiDeCoは、余剰資金がなければ優先度は下の下。

そんな考え方も含めて、iDeCoをやるかどうか判断してみてはいかがでしょうか。

iDeCoは万人に対し「お得」ではない

税金面では確かに魅力的なiDeCo。

しかし見てきたようにデメリットも確実に存在します。

投じるのはあなたの貴重なお金。

一度お金を投じたら、60歳まで引き出せないiDeCo。

あとから後悔しないよう、iDeCoが自分向きなのかしっかり考えましょう。

  • iDeCoへの支出で、若い頃の貴重な体験や経験を犠牲にする可能性はないか
  • iDeCoを誰に相続してもらいたいか・相続してもらえるか
  • iDeCoを途中で引き出したくなるような事態が想像されるか

iDeCoは全員にメリットだけが確約されているものではありません。

個個人が損得を見極めて、必要に応じ活用すべき制度です。

お金を投じる前に、じっくり考えてみましょう。

東京都+年収433万でFIREできるのか?

2020年の日本平均年収は433万円。

この収入で、しかも東京都で。

FIREは可能なのか?

シミュレータで、数字で検証してみました。

>> 東京都・日本平均年収433万円でFIREは可能?数字で検証したら

貯蓄・収入いくらならFIRE可能?自動計算してみよう!

あなたの収入・支出・資産でFIREできるかどうか。

ちょっと知りたくありませんか?

それならこの完全無料FIREシミュレータ。

初期資産、収入・支出・FIRE年齢を入力するだけ。

年金や住宅ローンも設定できますよ。

現状でFIREできるのか?いくら足りないのか?

シミュレータでサクッと調べてみよう。

>> 【私の収入・支出でFIREできる?】FIRE自動判定シミュレータ

銀行預金よりクレカつみたて!ポイントも利益も

銀行に放置中のお金、なんかもったいない。

リスクをおさえて、お得に資産づくり。

そんな方法あるわけ…あるんです。

預金金利の1000倍、1%還元をポイントでもらいつつ、コツコツ資産づくりする方法が。

クレカ積立。

1ページで、縦スクロールだけで、クレカ積立のすべてがあなたの知識に。

>> 銀行預金金利の1000倍?クレカ積立で1%ポイントGet+コツコツ資産づくりを

コメント

タイトルとURLをコピーしました