データで見る転職で年収上がる人の割合と給与アップ相場

転職・就職テクニック
スポンサーリンク
この記事が解決する悩み、疑問
  • 転職したとき、給料が上がる人はどれくらいいるのか?
  • 転職すると、いくら給料が上がる?相場は?
  • 転職時、交渉で提示する給料アップの相場を知っておきたい

転職する際に気になるのは、やっぱり給料。

慣れ親しんだ会社を離れ、新しいフィールドでチャレンジ。

この転職にリスクはつきもの。

それに見合う給料アップ、年収アップを期待してしまいますよね。

でも実際、転職後の給料はどんな感じなんでしょうか?

  • どれだけの人が転職後に給料アップしているのか?
  • 逆に給料下がってしまった人はどれくらい?
  • 給料上がり幅の相場は?

せっかく転職に挑戦するなら。

やはりこの給料・年収について把握しておきたいところ。

こんな疑問に対し、本記事では

5万9千人を対象とした厚生労働省の公式統計データを使い

転職時の給料変わり具合について徹底解説

政府統計、しかも調査対象6万人のため、信ぴょう性は十分

会社員生活の中で、年収が50万、100万と一気に変わる機会はそう多くありません。

その数少ないチャンスが「転職」です。

  • この転職により
    • どのくらいの人数割合で
    • いくらぐらいの年収アップ が見込めそうなのか?

本記事でを頭の片隅にインプットしておくと、

モチベーションが上がって、転職活動が捗る

はずです。

この機会に、逃さず確認しましょう。

スポンサーリンク

データ出典元:厚生労働省雇用統計調査より

事前にソースについてご紹介しておきます。

統計を行ったのは厚生労働省。

平成30年度に転職した、59,622人を対象とした調査です。

母数も多いので信頼できますね。

ここからアクセスできます。

しかし、厚生労働省の報告書は数値データのみで、ちょっとわかりにくい

本記事では直感的に理解できるグラフで解説しますので、ぜひ参考にしてください。

転職で給料上がる人・下がる人の割合

それでは大枠から見ていきましょう。

転職で給料は上がるのか?下がるのか?

その統計がこちら。

転職できた人のうち、37%は前職から給料アップ

10人いたら大体3~4人は転職で年収増につなげられた、ということになりますね。

一方で年収減になった人もほぼ同等の34%というデータです。

年収に変化がなかった人は27%

見方を変えると、37%+27%で64%の人は転職しても、年収維持または年収増になったということ。

転職すると給料下がるんじゃないか?と心配する人がいるかもしれません。

しかし、10人に6~7人は給料変わらないかアップ。

こう考えると、少し転職に対する見方も変わってくるのではないでしょうか。

転職すると給料はいくら変わる?

今度は転職するといくら増える?下がる?について見ていきましょう。

出典は同じく厚生労働省のデータです。

スポンサーリンク

前職より1割以上給料アップした人は約26%。

10人に2~3人。

年収500万円なら50万円増、600万円なら60万円増…

と考えると、やはり転職時の給料アップは魅力的ですね。

10年たてば、転職する・しないで生涯年収が500万円、600万円と変わる可能性があるのですから。

しっかりキャリアが積み上げられてきたのなら、給与1割増のハードルはそう高くないはず。

前職より賃金が1割以上ダウンした人も、やはり同等の約27%という結果に。

傾向として、未経験分野に飛び込む転職だと給料ダウンの可能性が高いです。

転職先を選ぶ際、やはり経験分野の方が給与面で有利なのは、間違いないですね。

転職時の給料アップ相場は?

転職で給料アップする人の、大体の上り幅の相場、気になりますよね。

50万円~100万円等言われたりもしていますが、この厚生労働省のデータから何がわかるでしょうか。

下のグラフは転職で給与が上がった人のみにフォーカスしたものです。

このデータからわかること。

転職で給与アップする際、前職給与の1割増し程度なら、かなりの確率で見込めそう

ということでしょう。

実に70%近くの転職成功者が、前職より10%増し以上の待遇になっているのです。

厚生労働省以外の調査データもあります。

こちらはリクルートキャリアによる

「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者の割合」

の調査結果。

年度でみると、大体30%の転職成功者が賃金1割以上アップを獲得できています。

転職できた10人のうち3人ですから、狭き門とそう悲観的になる必要はなさそうですね。

スポンサーリンク
出典:リクルートキャリア 前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者の割合
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2021/210118-01/

これらのデータは転職で給与交渉する際に有益です。

つまり、

前職の1割増し程度の給与増を要求するのは、相場からいっても妥当なレベル

ということ。

給与交渉で迷ったら、前職の年収の1割前後を目安に給与アップを交渉。

相場から大きなズレがないので、悪印象なく待遇向上が得られるかもしれませんよ。

転職時の年収交渉の進め方が知りたいなら、下記記事をチェック。

 ≫ 転職時の給与交渉・年収交渉で失敗が怖い!みんな知らない交渉のコツ

コロナ禍!転職で年収アップは厳しい?

2020年、コロナ禍の影響で多くの企業業績が悪化。

こんな時、転職して年収アップは難しい?のでしょうか。

結論から言うと、

2021年7月時点

転職時年収アップする人の割合は

コロナ禍前の水準に戻っています

リクルートが発表している、「転職時の賃金変動状況」のデータを見てみましょう。

こちらは「前職と比べ賃金が 1 割以上増加した転職決定者数の割合」を四半期毎に集計したもの。

出典:リクルート 前職と比べ賃金が 1 割以上増加した転職決定者の割合(四半期)
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20210729_hr_01.pdf

2021年4-6月の間、転職で給料が10%以上アップした人の割合は「29.1%」。

これはコロナ前2019年4-6月の「29.0%」と同水準。

この結果を見る限り、現在の転職市場はコロナ禍の悪影響から回復しつつあるようです。

従って今、「転職で年収アップ」が”特別厳しい”わけではなさそうです。

年齢別:どの年齢での転職だと年収が上がりやすいのか?

次に、年齢別で給与の変わり具合を見てみましょう。

傾向として、年齢が若ければ若いほど給与アップを勝ち取れていることがわかります。

20-24歳代の転職では、実に48%。

ほぼ2人に1人は転職で給与が上がった、ということ。

その後年齢を重ねるごとに、給与が上がる確率が下がっていきます。

それでも、40歳代くらいまでは4割の人が転職で給与増を得ています。

50歳以降になると、ガクッと大きく確率が下がり、転職で給与増を望める人は2割程度まで減少しています。

「若い時に転職する方が、給与アップの確率は高い」

厚生労働省のデータから、このように結論付けられそうです。

安易に転職を先延ばしにしてしまうと、年を重ねるごとに給与アップの確率は下がっていきます。

行動を起こすタイミングが重要ですね。

転職きっかけに資産2500万円を作る方法

まとまった資産を作りたいけど、投資にまわすお金がない…

そんな悩み、実は転職で解決できるんです。

転職+○○で、将来2500万円の資産ができる可能性も。

資産形成に悩める人の人生、変わります。

>> 転職をきっかけに投資を始めて資産2500万円を作る方法

転職でより多くの年収アップを得る裏技ってある?

はい。

みんなが知らない、ちょっとしたテクニックがあります。

スポンサーリンク

転職する前年に限界まで残業すると年収増?

転職時の年収交渉は、あなたの「現在の年収」が基準になります。

「現在の年収」とは源泉徴収票に書かれた「支払い金額」の欄。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-3.png
出典:国税庁

この数字がオフィシャルなあなたの年収。

転職時の年収交渉は、この数字をベースに

「現職の企業と同等の給与で」

「現職の企業より10%アップで」

などと話し合われるわけですね。

そしてポイント。

残業時間や残業代などの記載は一切ありません

なので、

転職をする前の年に限界まで残業

源泉徴収票の「支払金額」欄の数字を限界まで高める

「支払金額」を年収交渉・給与交渉のベースとする

こうすることで、有利に年収交渉を進められるのです。

もちろん、企業も残業込みであることはわかっているので、額面通りにはいかないかもしれません。

しかし少なくとも、同じ金額を稼ぐのに必要な残業時間は減らせるはず。

一つ注意点。

「現職の残業時間はどのくらい?」

と面接で聞かれたら、

事実より少なく回答

しましょう。

応募先企業に、あなたの正確な残業時間を確かめる術はありません

「残業は0時間です!」

はやり過ぎなので、そこは業界の残業傾向と合わせて、調整してくださいね。

転職時の年収交渉・給与交渉のやり方は下記記事で解説しています。

>> 転職時の給与交渉・年収交渉で失敗が怖い!みんな知らない交渉のコツ

転職で給与アップのハードルはそう高くない

これまで見てきたデータのまとめが以下となります。

転職で給料はどう変わる?
  • 転職に成功した人のうち、37%は年収アップ
  • 若ければ若いほど、転職時に給与が上がる確率が高い(MAX49%)
  • 年収アップした人のうち、約70%の人達が前職より1割以上給与が上がった
  • 前職の給与から1割増を転職でつかむ人は多く、給与交渉の際のひとつの相場と言える

転職は50万、100万と年収が変わる可能性がある、レアな機会です。

統計データが示すように、現在の1割アップ程度なら積極的に狙っていけるレベルです。

転職活動は想像以上に負担が大きく、キツいものです。

途中でやめたくなってしまう人も少なくないでしょう。

そんな時、これらのデータを少し思い出してみてください。

年収50万円アップ、6年も働けば生涯年収は300万増。新車が余裕で買えます。

年収アップも、ひとつのモチベーションにしてみると転職活動が捗りますよ。

英語ができれば転職は有利?年収は上がるのか?

資格といえば語学。

語学といえば「英語」

実際、英語ができるとどんなメリットが?

転職は簡単?求人数は?年収は上がる?

>> データで知る英語力と転職|求人数は?年収は?【転職×英語のすべて】

転職時の年収交渉が不安!タイミングは?内定取り消しのリスクは?

転職時の給与交渉・年収交渉にが不安。そこでみんなが知らない交渉のコツ、まとめました。

いつ交渉?採用NG判断、内定取り消しってある?

事前準備は?交渉の裏技?

絶対やっておきたいオンライン面接のカメラ対策

オンライン面接でノートPC内蔵カメラ?

面接相手を見下ろすんですか?

下あご強調されて残念に見えますよ?

画質悪くてザラザラして見えるし、暗いし…ノートPC内蔵カメラは絶対ダメ!

オンライン面接におけるカメラ対策・機材のすべて。

>> ノートPC内蔵カメラ下あご問題!就職オンライン面接ならWebカメラを

会社辞めてから転職活動しようかな?という人

いいえ、その判断、超ハイリスクです。

「会社辞めてから転職活動」は失業手当もらえて、転職活動に集中できて、最高かも?

会社辞める前に、この記事を読んでリスクを知っておくべき。

転職するかどうか、まだ迷っている人

転職するかどうか迷っているなら、誰でも共通のタイミング3つに照らし合わせてみては?

シンプルな判断基準なので、案外すんなり決心がつきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました